こんばんは、音楽家派遣メロディエンヌです。

 

すっかり秋になってきましたね。

秋といえば・・・

私の中では「紅茶」「ハーブティ」

先日Dean and Delucaに足を運び美味しいお紅茶を買って参りました。

言葉は人の心を映しだすと申しますように

お茶も人の心を表します。

そして、探せば探すほどにさまざまな種類もあります。

そして、不思議なことに

お茶ってゆっくりしたいときだけに飲むものではないんですよね。

忙しいときにこそ、ふとした時間に

一杯の美味しいお茶を頂くことで

そのあとの心の持ちように変化が現れたりします。

むしろ後者のときのほうが

たった一杯のお茶が美味しく感じられたりします。

 

そこで今日は音楽とあまり関連のない「紅茶」を

皆さんにご紹介させていただきます。

 

まずはパッケージのビジュアルも含め

今まで頂いた中でも逸材であった最も愛する一品。

その名もTWG。

こちら出逢いはタイにあるTWGサロンでしたが、

ほんっとに胸キュンするくらいパッケージが可愛い。

香りもお味も心まで飲んだ瞬間すべて癒されるのですべてが好きです。

うちの教室にも缶缶を鉛筆入れにして置いてあります。

①TWG

ちなみに珈琲も大好きで午後15時まででしたら飲めるのですが

大学以来、どうもカフェインにあまり強いタイプではなくなってしまって・・

15時以降18時未満は私の中では紅茶タイムなのですが・・

このTWGに出逢って紅茶が一層楽しめるようになりました。

あ~紅茶を巡る旅がしたい!

 

 

友人がシンガポールに住んでいるのでいつかは絶対にTWGの本店にはいきたいです。

夢叶うよう、今から宣言しておきます。(笑)

 

 

そして二番目が今回購入したこちら

②Harney and Sons

こちらも可愛いフレンチチックな缶缶が集めたくなっちゃいます。

ニューヨークの紅茶メーカー。

ドラゴンパールジャスミンというのと桜のグリーンティーを

今回購入したのですが・・・

プレゼントにあげたら絶対喜ばれると思うほど

こちらも香りだけで癒されます。

私もこのジャスミンの高貴な深~いその香りを嗅いだだけで・・

まさに聞香と同様。

その日一日満たされました。

幸せ~!

 

三番目はスイスに住む同級生が一度買ってきてくれたのを機に

はまりましたこちら

③KUSUMI TEA

こちらも飲んだ瞬間あまりもの独特な豪華な香りに

鼻が一瞬、麻痺しました。

これはわたしなりの誉め言葉です。

四番目は定番中の定番。

イギリスのお紅茶である

④Pukka(パッカ)

こちらは私がハーブティにはまったきっかけとなったお品です。

TWGやKUSUMIは日本ですと一缶3600円とかしちゃいますが、

こちらは比較的お値段もお手頃で、イギリスにプチ留学した

ピアノの生徒ちゃんには買ってきて~と

せがんだぼど

当たりはずれもない絶品です。

どれを買うか迷いますが、

いつも百貨店のLUPICIAのお紅茶あたりでとまっている方がいらっしゃいましたら

少し肌寒くなるこの季節を機に紅茶の世界に目覚めてみてください。

ビジュアルも最高級に全てを楽しみたいならTWG

少し紅茶の世界を探ってみたいならHarney&Sons

まずはどんなものかと味わってみたいならPukka

Harney&Son以上の個性を求めるならKUSUMI

ちなみに私みたいに活をいれて

紅茶専用のホルダーまで購入されたい方は

ぜひご連絡ください。

紅茶の世界・・・まだまだ私もこれからですが

今年も味わいのある2017年秋となりそうです。

最後までお読みいただきましてどうもありがとうございました。

 

メロディエンヌのグミでした。