バイリンガル講師によるピアノレッスン・オンライン英語レッスン・イベントへの演奏依頼・レッスン通訳を承っております。メールよりお気軽にご相談ください。

講師プロフィール

<ピアノ講師>

Gumi

3才からピアノとバレエを始める。11才のときロンドンのウィンザー城ほとりにて世界のスケールの大きさに感動する。福岡女学院高等学校音楽科卒業後、渡米。

マサチューセッツ州ボストンのニューイングランド音楽院(New England Conservatory of Music)クラシックピアノ科卒業。在学中に出逢った音楽仲間の驚異的な情熱に度肝を抜かれ、クラシック音楽に限らずジャズ、ヒップホップ、R&B、エレクトロニカ、ソウル、実験音楽、アメリカ現代音楽などさまざまなジャンルを追求する。エクスペアリメンタル系ユニットを組みドラム演奏をしていたことも・・

クラシックピアノと現代奏法をStephen Druryに、ピアノ連弾をGabriel Chodos、即興をBob Moses、Michael Cain、1950年以降のアメリカ現代音楽を九州大学名誉教授、作曲家の藤枝守に師事する。

2002年 Young Artist Concerto Competition(協奏曲部門)にて優勝。2006年ボストンにて現代音楽祭SICPP(Summer Institute for Contemporary Performance Practice)に参加。その後、ニューヨークのマンハッタンに移住。その頃、ワシントンD.C.の日本大使館にて招待されメシアンのピアノ前奏曲を演奏する。

帰国後は福岡・東京・ニューヨークを行き来しリサイタルをする傍ら、英語でのピアノレッスンや介護施設にて音楽療法、国際ピアノコンクールや海外のプロフェッショナルたちのマスタークラスやレッスンにて英日通訳、また結婚式場・レストラン・介護施設・商業施設・美術館・図書館その他イベントなどでの演奏にも励んでいる。

2019年度第11回ピアノオーディション・コンクール 連弾部門第1位グランプリ受賞。2020年受賞者披露コンサートにてラフマニノフピアノ協奏曲第二番を演奏する。専門分野はアメリカ現代音楽のミニマリズム。2018年にピアノユニットRenoncule(ルノンキュル)を有吉茜と結成。アメリカ現代音楽を紹介するリサイタルシリーズを更にミニマリズムの分野のみに絞った「Minimalism」を2019年より開始。

これまでに指導してきた生徒は留学時代も含めると数百人を超え、現在はピアノだけでなく英語のレッスンもなかなかの好評を得ている。現代音楽の紹介に尽力するアースリズムアンサンブル専属ピアニスト。日本翻訳アカデミー修了生。福岡市美術展 洋画部門入選(抽象画)。根っからのビートマニアでたまにトラックメイカー。

趣味: テニス、バレエ、ベリーダンス、舞台鑑賞、ヨガ、作曲、読書など。最近は芸術全般における脱専門性、多様性に注目している。

PAGETOP
Copyright © 唐人町ピアノ教室 Melodyenne All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.